知っておきたい長崎ハウステンボス旅行情報

2013年には250万人近くもの人が訪れた長崎ハウステンボス。広大な敷地に豊かな自然やヨーロッパの街並み、アトラクションなどが楽しめます。行ってみたいと思っている人は多いでしょうが、ここでは長崎ハウステンボスがどんなところなのか、いつ行くのがおすすめなのか、交通手段や宿泊施設はどうやって押さえればいいのかを説明していますので、参考にしてみてください。

概要
長崎ハウステンボスとは、1992年にスタートした長崎県の佐世保市に位置するテーマパークのことをいいます。中性オランダがモチーフにされていて、街並みの再現度が高いとして評価されています。また、豊かな自然も見どころの一つです。国内から旅行ツアーで訪れる人が多いのはもちろんのこと、海外から観光で足を運ぶ人も多数います。
1日だけでは全ての場所をまわるのが難しく、敷地内にはアトラクション、美術館、レストラン、ショッピングモール、宿泊施設などがあり、園内はレンタサイクルやタクシー、馬車、クルーザー、水陸両用観光バスなどを利用してまわることが可能です。

イベント時期が狙い目
長崎ハウステンボスにこれから行くなら、季節に応じて開催されているイベントを見るのがおすすめです。夜になると長崎ハウステンボスが美しくライトアップされる光の王国、子供から大人まで夢中になれるゲームの王国、世界最大規模を誇る緑と花々の祭典といわれる世界フラワーガーデンショー、世界のビールとワインが堪能できる世界のビールとワイン祭、チョコレートをテーマにしたビックリするような仕掛けが満載のショコラ伯爵の館など、実にさまざまなイベントがおこなわれているのです。
イベント時期にはじまる旅行ツアーもありますので、長崎ハウステンボスでどのようなイベントが開催されているのか時期と共にチェックし、行きたいと感じたイベントに参加できる旅行ツアーがないか探してみてはいかがでしょうか。

アクセスと宿泊
新幹線を利用する場合には、新幹線のぞみに乗車し、まずは博多駅を目指します。到着後新幹線を下りたら、特急ハウステンボスに乗ると長崎ハウステンボスに到着します。新幹線が付いたお得な旅行ツアーもありますので、チェックしてください。
また、宿泊施設に関しては、園内や近隣にオフィシャルホテルがありますので、予算や好みに応じて選ぶとよいでしょう。新幹線と同じく、宿泊付の旅行ツアーやプランがありますので、お得に旅行をしたい人は利用を検討してみてはどうでしょうか。

新幹線からのアクセスも良好な長崎ハウステンボスですが、全てまわりきりたい人は1日だと足りないため、宿泊施設を手配して行くのがおすすめです。新幹線や宿泊施設付の旅行ツアーやプランを選べば、交通手段や泊まる場所を別々に手配する必要がなく、セット料金で割安になるので便利でお得です。