異国の街が楽しめる長崎ハウステンボス旅行

新幹線を利用した長崎ハウステンボスの旅行ツアーがあります。旅行会社によっては多くの長崎ハウステンボスの旅行ツアープランが用意されており、ハウステンボスの入場料も旅行ツアーの代金に含まれているプランがあるので、安心して長崎ハウステンボスを満喫することができます。

長崎ハウステンボス
長崎ハウステンボスは、関東地方にある有名なリゾートテーマパークと同じ敷地面積があるテーマパークです。長崎ハウステンボスは、大村湾西岸で成功していたテーマパークの長崎オランダ村が拡大発展したテーマパークです。長崎オランダ村の駐車場不足と交通渋滞を解消するために現在の長崎ハウステンボスが誕生することになります。長崎ハウステンボスは1992年の3月に開業し一時期業績不振のため経営が危ぶまれましたが、2010年3月に開業以来の営業黒字に転換し現在も人気あるテーマパークとなっています。

長崎ハウステンボスの特徴
長崎ハウステンボスは、オランダ村が拡大発展しているオランダの街を再現しているテーマパークです。最近ではドラマや映画そしてCMなどのロケ地として利用されることがあります。また現在の長崎ハウステンボスは有料エリアとなる園内と無料エリアの園外に区分されています。

アクセスについて
長崎ハウステンボスの新幹線を利用した旅行ツアーパックでは、新幹線のぞみを利用した鉄道移動になりますが新幹線の停車駅の博多駅から2つの方法で移動する旅行ツアーとなっています。1つは、新幹線で博多駅まで移動し博多駅からレンタカーを利用して長崎ハウステンボスまで行く方法です。初めての道路迷うことなくハウステンボスまで移動するためナビゲーションシステムが搭載されたレンタカーを提供してくれます。2つ目は、博多駅で乗り換えをして鉄道で大村線のハウステンボス駅に移動する方法です。博多駅からの移動には特急を用意してやる旅行ツアーもあり短い時間で長崎ハウステンボスまで移動することができます。長崎ハウステンボス周辺では、何軒かのホテルが宿泊可能で旅行ツアーのプランにはホテルの宿泊代金が含まれているプランがあるので、泊まりがけで長崎ハウステンボスに遊びに行く予定の場合には、宿泊プランがお得です。

長崎ハウステンボスまでは、博多駅から2種類の陸路を選択して移動する旅行プランが用意されているので、申し込みをするときにどちらの移動プランを選択するかで博多駅からの旅の楽しみ方が変わってきます。